家を売りたい…そんな時誰に相談するべきなのか?

家を売りたい…そんな時誰に相談するべきなのか?

「家を売りたいけど誰に相談するべきなのか…」
「家を売りたいけど相談する人が見つからない…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、相談するべき人は誰だろうか、という点かと思います。

そこで今回は『家を売る時に相談するべき人』をテーマにお届けします。

家を売る時に相談するべき人

家を売る時に相談するべき人は誰でしょうか?早速、家を売る時に相談するべき人について見ていきましょう。

1.不動産会社

家を売る場合、まず最初の問題として、その家の売却は可能であるかという問題が挙げられます。不動産に関する専門家は数多く存在していますが、その中でもやはり最初は、不動産会社に相談するのが適切であると言えるでしょう。価格査定から引き渡しまで、ほとんどの作業を行ってもらえます。

2.不動産鑑定士

不動産会社でも査定は行ってもらえますが、不動産鑑定士にも査定を依頼することができます。不動産鑑定士は、不動産の適正価格に関しての知識に長けている、不動産鑑定のスペシャリストです。鑑定の専門家となるため、仲介を依頼することはできないので、注意しましょう。

3.司法書士

不動産登記に関する相談は司法書士に相談するのがベストです。取り揃える書類や作成のルールが複雑であるため、自分では行わず司法書士に相談した方が、スムーズに売買契約を結ぶことができます。

4.弁護士

売買契約書と内容が違うなどのトラブルが発生してしまった場合は、弁護士に相談するのが良いでしょう。その他財産分与や所有権、登記に関する相談も弁護士に依頼することができます。相談費用は高額になってしまいますが、法律上のトラブルであればほとんどのことに対応してもらえるので、安心です。

5.土地家屋調査士

土地家屋調査士とは、不動産売却時に土地の境界確定と測量図の作成を行う人のことを言います。戸建てでは土地の境界に関するトラブルが多いため、土地の境界が確定していない場合は、土地家屋調査士に境界確定を依頼するのが良いでしょう。

まとめ:家を売りたい…そんな時誰に相談するべきなのか?

いかがでしたか?家を売る時に相談するべき人は、
・不動産会社
・不動産鑑定士
・司法書士
・弁護士
・土地家屋調査士
以上が挙げられます。不動産売却検討中の方で、誰に相談すれば良いか悩んでいる場合は、まずは査定からはじめてみることをおすすめします。査定サイトを利用するととても簡単です!

関連するお役立ち情報