家を売りたいときに知るべき売却基礎知識!

家を売りたいときに知るべき売却基礎知識!

「家を売りたいけど何をすれば良いのだろう…」
「家を売るときの基礎知識って何だろう…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、家を売りたいときに知るべき売却基礎知識って何だろうか、という点かと思います。

そこで今回は『家を売りたいときに知るべき売却基礎知識』をテーマにお届けします。

家を売りたいときに知るべき売却基礎知識

家を売りたいときに知るべき売却基礎知識はなんでしょうか?早速、家を売りたいときに知るべき売却基礎知識について見ていきましょう。

1.相場を調べる

不動産会社に査定を依頼しても、それが妥当な価格であるのかは、まず相場を知っていなければわかりません。不動産会社に査定を依頼する前に、まず自分で周辺地域や物件の相場を把握しておく必要があります。

2.不動産会社に査定を依頼する

相場を把握したあとは、不動産会社に査定を依頼しましょう。このとき、1つの不動産会社だけでなく、複数の不動産会社に査定を依頼することが大切です。同じ物件であっても不動産会社によって、査定額が変わってきます

3.不動産会社を選別する

同じ不動産会社であっても、それぞれで得意分野が異なります。アパートの賃貸が得意な不動産会社や、新築マンションの売買が得意な不動産会社など様々です。不動産会社の得意分野を見極めるのは容易ではないため、購入した不動産会社に仲介を依頼するのが良いでしょう。

4.媒介契約

納得できる査定額が提示された場合は、不動産会社に仲介を依頼しましょう。この時に不動産会社と結ぶ契約のことを媒介契約と呼びます。媒介契約には一般媒介契約と専任媒介契約、そして専属専任媒介契約の3種類があります。それぞれでメリットが異なるため、自分のニーズに応じた媒介契約を締結することが大切です。

5.仲介手数料

不動産会社に仲介を依頼して売却が成約した場合、不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。不動産会社に仲介を依頼しない個人売買であれば、仲介手数料は発生しませんが、売却が成約するまでの時間が長引いてしまうなどのデメリットがあります。

まとめ:家を売りたいときに知るべき売却基礎知識!

いかがでしたか?家を売りたいときに知るべき売却基礎知識は、
・相場を調べる
・複数の不動産会社に査定を依頼する
・不動産会社に仲介を依頼する
・媒介契約を締結する
・仲介手数料が発生する
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、まず何から始めれば良いのかで悩んでいる場合は、まずは査定されることをおすすめします。高額で売却できる可能性もありますよ!

関連するお役立ち情報