売れる中古マンションの条件とは?

売れる中古マンションの条件とは?

「中古マンションの売れる条件ってなんだろう…」
「売れる中古マンションの条件が知りたい…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、中古マンションが売れる条件はなんだろうか、という点かと思います。

そこで今回は『中古マンションが売れる条件』をテーマにお届けします。

中古マンションが売れる条件

中古マンションが売れる条件はなんでしょうか?早速、中古マンションが売れる条件について見ていきましょう。

1.適切な価格設定

魅力的な物件でも相場に見合わない価格設定であると、売却できる可能性が低くなってしまいます。複数の不動産会社に査定を依頼して、相場を把握することで、適切な価格に設定することができます。適切な価格に設定することで、中古マンションが早期に売却できる可能性が高まります。

2.状態が良い

中古マンションは部屋の状態が良ければ良い程、売れやすい傾向があります。住みながら売る場合は、生活感が残らないよう掃除を行うなど、細心の注意を払う必要があります。空き部屋にしてから売る場合は、ハウスクリーニングを利用するというのも1つの手です。

3.大手不動産に依頼する

信頼のある不動産会社に仲介を依頼することで、購入希望者に安心感を与え、中古マンションを売りやすくすることができます。また、同じ不動産会社でもそれぞれ得意分野が異なるため、中古マンションの売買が得意な不動産会社に、仲介を依頼することが大切です。

4.立地条件が良い

中古マンションは生活に直結するものなので、利便性も非常に重要な要素となってきます。駅から徒歩5分圏内であったり、スーパーや学校、病院やコンビニなどが隣接している中古マンションは、早く売れる可能性が高いです。

5.一般媒介契約を選択する

不動産会社に仲介を依頼する場合は、媒介契約を締結する必要があります。媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。一般媒介契約を締結することで、複数の不動産会社に仲介を依頼することができるため、魅力的な物件の場合は早期に売却できる可能性が高まります。

まとめ:売れる中古マンションの条件とは?

いかがでしたか?売れる中古マンションの条件は、
・適切な価格設定
・状態が良い
・大手不動産会社に依頼する
・立地条件が良い
・一般媒介契約を締結する
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、中古マンションを売るかで悩んでいる場合は、高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報