個人で土地を売ることは可能?個人売買のメリットデメリットとは?

個人で土地を売ることは可能?個人売買のメリットデメリットとは?

「個人で土地を売ることは可能なんだろうか…」
「個人売買のメリット・デメリットはなんだろうか…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、個人で土地を売ることは可能なんだろうか、という点かと思います。

そこで今回は『個人で土地を売るメリット・デメリット』をテーマにお届けします。

個人で土地を売るメリット

個人で土地を売るメリット・デメリットはなんでしょうか?まずは、個人で土地を売るメリットについて見ていきましょう。

手数料が抑えられる

不動産会社に仲介を依頼しない個人売買であれば、不動産会社に仲介手数料を支払う必要がありません。仲介手数料は土地の売買代金が大きくなれば大きくなるほど、高くなってしまいます。個人売買であれば仲介手数料が発生しないため、費用を抑えることができます。

自由度が高い

個人売買であれば自由に売却活動を行うことができます。不動産会社に仲介を依頼した場合は、基本的に不動産会社が主導して土地の売却活動を行うことになります。個人売買であれば自由に売却活動を行えるため、自分の思い通りに取引が行えるというメリットがあります。

個人で土地を売るデメリット

続いて、個人で土地を売るデメリットについて見ていきましょう。

買主を見つけづらい

不動産会社に仲介を依頼した場合は、不動産会社があらゆる方法を駆使して売却活動を行ってくれます。しかし、個人で土地を売る場合はできることが限られてしまいます。既に買主が見つかっている場合であれば問題がありませんが、買主を自分で探すのはなかなか難しいかもしれません。

トラブル対処が困難

個人で土地を売る場合は、基本的に自分で取引を行う必要があります。不動産取引に関する知識やノウハウが十分でないと、思わぬトラブルに発展しやすくなってしまいます。専門家や個人売買の経験者に相談するなど、事前に準備することが大切です。

時間と手間がかかる

個人で土地を売る場合は、売却が決まるまでの時間がかかりやすい傾向があります。買主が見つかっていない場合は、不動産会社に仲介を依頼することで、早期に売却できるかもしれません。

まとめ:個人で土地を売ることは可能?個人売買のメリットデメリットとは?

いかがでしたか?個人で土地を売るメリット、デメリットは、
・手数料を抑えられる
・自由度が高い
・買主を見つけづらい
・トラブル対処が困難
・時間と手間がかかる
以上の点となります。

不動産を売却したい方はいらっしゃいませんか?思わぬ金額で売却できるかもしれませんので、不動産売却検討中の方はまずは査定してみることをおすすめします。

関連するお役立ち情報