住みながら家を売るメリット・デメリットを紹介!

住みながら家を売るメリット・デメリットを紹介!

「住みながら家を売るメリット・デメリットってなんだろう…」
「空き家にしてから家を売った方が良いのだろうか…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、住みながら家を売るメリット・デメリットってなんだろうか、という点かと思います。

そこで今回は『住みながら家を売るメリット・デメリット』をご紹介します。

そもそも住みながら家を売ることは可能?

住宅ローンが残っていると住み替えができないと考えている方が多くいらっしゃいますが、売却代金で住宅ローンが完済できるのであれば、住みながら家を売ることも可能です。実際に住みながら家を売る方は、多くいらっしゃいます。

住みながら家を売るメリット

住みながら家を売るメリット・デメリットはなんでしょうか?まずは、住みながら家を売るメリットについて見ていきましょう。

コストがかからない

住みながら家を売ることのメリットの1つとして、コストがかからないことが挙げられます。新居を先に購入してしまうと、新居の購入費と今住んでいる家のローンを同時に支払わなければならなくなるため、コストがかかってしまいます。資金面での不安がある場合は、住みながら家を売ることがオススメです。

買主に魅力を伝えやすい

内覧に来る方はどんな方が住んでいたのかも気にしています。住みながら家を売る方法であれば、内覧時に直接買主とお話ができるため、その不安を一掃することができます。また、住んでいるからこそわかる物件の魅力や、近隣の情報も伝えやすいことがメリットです。

住みながら家を売るデメリット

続いて、住みながら家を売るデメリットについて見ていきましょう。

内覧の手間がかかる

内覧時に生活感が残っていたり、洗面台や台所が汚れていては、買主の購買意欲も削がれてしまいます。また、住んでいると気づきにくいかもしれませんが、部屋のにおい対策なども大切となってきます。売却を成約させるためにも、掃除したり換気を行うなどの配慮が必要です。

売却活動と並行した新居探し

住みながら家を売る場合、売却活動と並行して新居を探さなければならないことは、デメリットの1つであると言えます。もし新居が見つからない場合は、仮住まいの費用がかかってしまうため、注意が必要です。

まとめ:住みながら家を売るメリット・デメリットを紹介!

いかがでしたか?住みながら家を売るメリット・デメリットは、
・コストがかからない
・買主に魅力を伝えやすい
・最低限の掃除が必要
・部屋の臭い対策が必要
・売却活動と並行した新居探しが必要
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、住みながら家を売るかで悩んでいる場合でも高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報