タワマン売却を損せず高値で売るコツをご紹介!

タワマン売却を損せず高値で売るコツをご紹介!

「タワマンを高値で売却するコツは何だろう…」
「タワマンを損せず高値で売却したい…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、タワマン売却を損せず高値で売るコツは何だろうか、という点かと思います。

そこで今回は『タワマン売却を損せず高値で売るコツ』をテーマにお届けします。

タワマン売却を損せず高値で売るコツ

タワマン売却を損せず高値で売るコツは何でしょうか?早速、タワマン売却を損せず高値で売るコツについて見ていきましょう。

1.タワマン売却に強い不動産会社に依頼する

同じ不動産会社でもそれぞれ得意な分野や強みが違ってきます。タワマンを高値で売却したい場合は、タワマンの販売を得意とする不動産会社に仲介を依頼することがオススメです。しかし、不動産会社の得意不得意を見抜くことは容易ではないため、タワマン購入時の販売元に仲介を依頼するのが良いでしょう。

2.信頼性の高い不動産会社に依頼する

タワマンを購入する際は、どの不動産会社から販売されているかということが大切な判断基準となってきます。タワマンの場合は特に、信頼性の高い不動産会社から購入される傾向にあるため、信頼のおける不動産会社に仲介を依頼することが大切です。

3.媒介契約を考える

媒介契約の種類によっても高額で売却できるかが左右されます。媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。売主の希望にあった媒介契約を選択することで、高値で売却できる可能性が高まります。

4.所有期間で判断する

タワマンを所有している期間で譲渡所得税が異なります。短期譲渡所得(4年未満での売却)の場合は39.63%の譲渡所得税となりますが、長期譲渡所得(5年超での売却)の場合は譲渡所得税が20.315%に下がります。なので5年を超えてから売却することで、税額を抑えた利益を得ることができます。

5.低層階は避ける

タワマンの魅力はその高層階の見晴らしの良さにあります。そのため、低層階は人気が低く高値では売れにくい傾向にあります。しかし、共有設備を利用できることや階段での移動も可能などのメリットを上手く買主に伝えることで、高値での売却にも期待ができます。

まとめ:タワマン売却を損せず高値で売るコツをご紹介!

いかがでしたか?タワマン売却を損せず高値で売るコツは、
・タワマンに強い不動産会社に依頼する
・信頼性の高い不動産会社に依頼する
・媒介契約を考える
・所有期間で判断する
・低層階は避ける
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、タワマンの売却で悩んでいる場合は、高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報