築一年の物件は高額売却が可能?高値売却ポイントと注意点を紹介!

築一年の物件は高額売却が可能?高値売却ポイントと注意点を紹介!

「築一年の物件は高額で売却できるのだろうか…」
「築一年の物件を高額で売却するポイントが知りたい…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、築一年の物件を高額で売却することは可能なのか、という点かと思います。

そこで今回は『築一年の物件を高額で売却するポイントと注意点』をテーマにお届けします。

築一年の物件を高額で売却するポイントと注意点

築一年の物件を高額で売却するポイントと注意点は何でしょうか?早速、築一年の物件を高額で売却するポイントと注意点について見ていきましょう。

1.短期間で売却する

一度でも住んでしまうと、築一年であったとしても中古物件として販売しなければならないので、注意が必要です。また、売却までの期間が長引いてしまうと、築一年の物件としての価値も薄れてしまいます。なので高額で売却するためには、短期間で売却することが好ましいです。

2.内覧準備を徹底する

物件としての条件が良くても、肝心の部屋が汚れていては、高額で売却することは難しくなってしまいます。築一年の物件を購入しようと検討している方の多くは、室内の清潔感を重要視しています。収納が少ないという印象を与えてしまったり、部屋が思ったよりも狭いという印象を与えてしまっては、高額での売却は遠のいてしまうので、注意が必要です。

3.売却理由を明確にする

築一年の物件がなぜ売りに出されているのか、購入希望者としては気になるところです。売却理由を明確にすることで、購入希望者も安心して築一年の物件を購入できます。また、物件に欠陥があるにも関わらず買主に伝えていない場合は、瑕疵担保責任に問われてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

4.住宅ローンを完済しないと売却できない

築一年の物件であっても、住宅ローンを完済していない場合は売却できませんので、注意が必要です。物件の売却代金でローンの残債が支払えるかどうか、あらかじめ確認しておくことが大切です。

5.手数料や税金が発生する

築一年の物件を売却する際には、仲介手数料や抵当権抹消費用、印紙税などの費用がかかってきます。築一年の場合は比較的高額で売却できるため、仲介手数料も高額になりやすいので、注意が必要です。

まとめ:築一年の物件は高額売却が可能?高値売却ポイントと注意点を紹介!

いかがでしたか?築一年の物件を高額で売却するポイントと注意点は、
・短期間で売却する
・内覧準備を徹底する
・売却理由を明確にする
・住宅ローンを完済しないと売却できない
・手数料や税金が発生する
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、築一年の物件を売却するかで悩んでいる場合は、高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報