不動産売却契約の流れを分かりやすく紹介!

不動産売却契約の流れを分かりやすく紹介!

「不動産売却契約の流れが気になる…」
「不動産売却の正しい契約の手順ってなんだろう…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、不動産売却契約はどのような流れで行われるのか、という点かと思います。

そこで今回は『不動産売却契約の流れ』をテーマにお届けします。

不動産売却契約の流れ

不動産売却契約はどのような流れで行われるのでしょうか?早速、不動産売却契約の流れについて見ていきましょう。

1.査定

まずは不動産会社に査定を依頼しましょう。査定には訪問査定と机上査定の2種類があります。訪問査定は不動産の状態を担当者が実際に確認して、価格を決定します。机上査定は実際に物件の確認はせず、近隣の売買事例や不動産の概要から価格を決定します。訪問査定を受けるのが通例となっています。

2.媒介契約を結ぶ

不動産会社が決まったらその不動産会社と媒介契約を締結します。媒介契約を締結することで、不動産会社に不動産売却を仲介してもらえます。また、媒介契約には一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があり、それぞれ要望にあった媒介契約を選択することが大切です

3.売却活動

媒介契約の内容に基づき、不動産会社が仲介して営業活動を開始してくれます。ここからは、基本的に不動産会社主導で売却が進められます。ただし、買主からの要望があれば物件の案内や説明を行う必要はあるので、注意が必要です。

4.契約

購入希望者が現れた場合は、不動産会社の担当者を通じて購入希望者から「購入申込書」を受け取ります。購入希望者と価格や引き渡しの条件について調整し、合意に至れば売買契約を交わします。契約内容に違反すると違約金が発生するケースもあるため、物件の状態を細かく購入希望者に伝えておくことが大切です。

5.引き渡し

売買契約を結び代金の決済が完了したら、物件の引き渡しです。引き渡し日には所有権移転登記の申請も行いましょう。その他にも、住宅ローンがある場合は解約し、抵当権の抹消手続きも必要となります。不動産会社や金融機関に確認しておくと良いでしょう

まとめ:不動産売却契約の流れを分かりやすく紹介!

いかがでしたか?不動産売却契約の流れは、
・査定
・媒介契約
・売却活動
・契約
・引き渡し
以上の流れとなります。不動産売却検討中の方で、不動産会社の選定で悩んでいる場合は、高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報