不動産売却でよくあるトラブルとは?

不動産売却でよくあるトラブルとは?

「不動産売却でよくあるトラブルってなんだろう…」
「不動産売却でトラブルが起きた場合はどうしよう…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、不動産売却でよくあるトラブルとはなんだろうか、という点かと思います。

そこで今回は『不動産売却でよくあるトラブル』をテーマにお届けします。

不動産売却でよくあるトラブル

不動産売却でよくあるトラブルとはなんでしょうか?早速、不動産売却でよくあるトラブルについて見ていきましょう。

1.仲介手数料のトラブル

不動産会社とのトラブルとして多いのが、仲介手数料の金額に関するトラブルです。不動産会社が仲介して不動産売却を行った場合、仲介手数料というものが発生します。法律により上限額が定められていますが、それ以上の額を請求された場合は違法行為となりますので、注意が必要です。

2.売買契約書のトラブル

次に不動産売却のトラブルで起きやすいのが、売買契約書に関するトラブルです。不動産会社が仲介して不動産売却を行う場合、不動産会社が売買契約書というものを作成します。その内容をよく確認せずに不動産売却を行ってしまうと、思いもよらないトラブルに発展してしまう可能性もあるため、売買契約書の内容をよく確認することが大切です。

3.境界に関するトラブル

契約相手とのトラブルで起きやすいのが境界に関するトラブルです。一戸建ての場合は土地の境界をはっきりと定めておくことが大切です。引き渡し後に隣家とのトラブルが発生してしまう危険性があるためです。マンションの場合は境界が明確に定められているため、心配はいりません

4.瑕疵担保責任に関するトラブル

不動産の欠陥を通知せず売却してしまうことは、思わぬトラブルの原因となります。物件の状態は細かくチェックしておくことが大切です。買取の場合は瑕疵担保責任が免責されるため、心配いりません。

5.契約解除に関するトラブル

売却が成約した後に買主がローン審査に落ちてしまうことがあります。この時にローン特約がついていないと、不動産会社とのトラブルになってしまいやすいので注意が必要です。

まとめ:不動産売却でよくあるトラブルとは?

いかがでしたか?不動産売却でよくあるトラブルは、
・仲介手数料のトラブル
・売買契約書のトラブル
・境界に関するトラブル
・瑕疵担保責任に関するトラブル
・契約解除に関するトラブル
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、仲介業者をお悩みの場合は、高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報