不動産売却における委任状作成時の注意点について

不動産売却における委任状作成時の注意点について

「不動産売却における委任状作成時の注意点はなんだろう…」
「不動産売却で失敗しない委任状の書き方を知りたい…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、不動産売却における委任状作成時の注意点はなんだろうか…、という点かと思います。

そこで今回は『不動産売却における委任状作成時の注意点』をテーマにお届けします。

そもそも委任状とは

委任状とは、本人が行うべき不動産売却に必要な様々な手続きを、代理人に任せるという内容が記載された文書です。委任状作成時の注意点としては、本人と代理人の氏名と住所を記載することや、委任する範囲について明確に記載することなどが挙げられます。

委任状が必要となるケースについて

売却する不動産が遠方にある場合や、不動産所有者が海外にいる場合などは委任状の作成が必要となります。また、仕事の都合で時間が確保できなかったり、病気や怪我などが原因で外出することができないなどの理由からも、委任状の作成が必要となってきます。

委任状で売却できないケース

本人が認知症や精神障害を患っているなど、判断能力が十分でないと判断された場合の契約は無効となってしまいます。これは、本人の意思に反して不当な契約が結ばれることを未然に防ぐために行われます。ただし、代理人が法定代理人の場合は、本人に代わり不動産を売却することができます。

委任状作成時の注意点について

まず委任内容を明確に記載しましょう。記載されてないことは、代理人に決定権が委ねられてしまいます。また、実印以外での捺印は取引相手からの信頼を損なう可能性があるので、注意が必要です。

代理人を選出する際の注意点

信頼できる親族や専門家に依頼することが大切です。また、委任状に記載されていない事項を確認する必要がある場合は、代理人に連絡を取らなければなりません。あらかじめ代理人の連絡先を確認しておくように注意しましょう。

まとめ:不動産売却における委任状作成時の注意点について

いかがでしたか?不動産売却における委任状作成時の注意点は、
・本人と代理人の氏名と住所を記載すること
・委任する範囲について明確に記載すること
・実印で捺印すること
・信頼できる親族や専門家に依頼すること
・代理人の連絡先を確認しておくこと
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、委任状を作成しようか悩んでいる場合は、高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報