不動産売却における平均期間はどのくらい?

不動産売却における平均期間はどのくらい?

「不動産売却の平均期間はどのくらいだろう…」
「不動産売却までに引越すことはできるだろうか…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、不動産を売却するまでの平均期間はどのくらいだろうか、という点かと思います。

そこで今回は『不動産売却における平均期間』をテーマにお届けします。

不動産売却における平均期間について

不動産売却における平均期間はどのくらいなのでしょうか?早速、不動産売却における平均期間について見ていきましょう。不動産の売り出しから引き渡しまでの期間は平均6ヶ月前後と言われています。ただし、人気のあるエリアや物件の条件によっては、平均よりも早く売却が成約するケースも当然あります。より良い住まいへと住み替えたい人が多いため、不動産売却においてエリアや物件の条件という要素は重要となってきます。

不動産売却の流れ

まずは不動産会社に査定依頼を出しましょう。仲介してもらう場合は媒介契約を締結し、売却活動を開始します。購入希望者が見つければ内覧の対応をしたり、売買契約の内容を調整したりします。合意できれば物件の引き渡しとなります。ここまでの平均が6ヶ月前後です。

売却までの期間が長くなる原因

売却までの期間が長くなる原因には、土地や価格などの問題が挙げられます。不便な場所にあったり、相場よりも高い価格に設定してしまうと、不動産売却までの期間はどうしても長期化してしまうと言えます。

売却までの期間を短くするコツ

不動産会社には対象のエリアに精通した不動産会社が存在します。また、賃貸物件や土地売却など得意分野も様々です。不動産会社を見直すことで売却までの期間を短くすることができるかもしれません。一般媒介契約を選ぶのも1つの手です。

より早く売るには

不動産会社に直接買い取ってもらう方法もあります。購入希望者を探す必要がないため、2週間程度で売却が可能です。ただし、価格が7~8割に下がってしまうため、注意が必要です。

まとめ:不動産売却における平均期間はどのくらい?

いかがでしたか?不動産売却における平均期間は、
・平均6ヶ月前後
・査定→売却活動→引き渡しの流れで売却
・土地や価格が原因で長引く
・不動産会社を見直すことで短くなる
・買取という手段もある
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、短期間で売却したい方はいませんか?高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報