不動産売却の契約をする際の注意点についてご紹介!

不動産売却の契約をする際の注意点についてご紹介!

「不動産売却契約時の注意点ってなんだろう…」
「不動産売却契約時は何を確認すればいいんだろう…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、不動産売却の契約をする際の注意点かと思います。

そこで今回は『不動産売却の契約をする際の注意点』をテーマにお届けします。

不動産売却の契約をする際の注意点

早速、不動産売却の契約をする際の注意点について見ていきましょう。

1.査定時の注意点

1つの不動産会社だけでなく、複数の不動産会社の査定を受けましょう。そうすることで、不動産売却の相場を把握することができます。ただし、不動産会社が買い取ってくれるわけではないため、その価格で売れる保証はない点に注意してください。

2.媒介契約時の注意点

媒介契約とは、不動産会社に不動産の買主を探してもらうために結ぶ契約のことを指します。一般媒介契約では複数の不動産会社と契約できますが、売却活動の主軸からは外れてしまうため、不動産の売却が遅れてしまう可能性がありますので注意してください。

3.価格決定時の注意点

不動産会社が提示した価格が必ず正しいとは限りません。あらかじめ周辺の不動産相場を確認しておく必要があります。そうすることで「もっと高く売ればよかった…」と後悔する可能性を軽減させることができます。

4.内覧時の注意点

内覧に来られる方は、部屋の印象で不動産の購入を決めると言っても過言ではありません。リビングだけでなく、玄関やベランダなども徹底的に掃除しておくことで、不動産の売却がスムーズに行える可能性が高まります。ハウスクリーニングに依頼するのも1つの手です。

5.売却契約時の注意点

売買契約書に細かい契約内容がすべて記載されているので、すべて確認するように注意しましょう。万が一トラブルが発生した場合に、売買契約書に書いていない内容だった場合は無効となってしまいます。

まとめ:不動産売却の契約をする際の注意点についてご紹介!

いかがでしたか?不動産売却の契約をする際の注意点は、
・査定は複数の不動産会社で行う
・媒介契約は状況に応じて選択する
・周辺の相場もを調べておく
・徹底的に掃除しておく
・売買契約書の内容をよく確認する
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、契約を思い悩んでいた場合は、これらの点を注意することで高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報