不動産売却のチラシを見る際のポイントをご紹介!

不動産売却のチラシを見る際のポイントをご紹介!

「不動産売却のチラシを見る際のポイントは何だろう…」
「不動産売却のチラシはどこを見れば良いんだろう…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、不動産売却のチラシを見る際のポイントは何だろうか、という点かと思います。

そこで今回は『不動産売却のチラシを見る際のポイント』をご紹介します。

不動産売却のチラシを見る際のポイントをご紹介!

不動産売却のチラシを見る際のポイントは何でしょうか?早速、不動産売却のチラシを見る際のポイントについて見ていきましょう。

1.購入希望者がいるという記載がないか

不動産売却のチラシで「購入希望者がいます!」というような記載は信頼できません。そもそも購入希望者がいるかどうかは確認することができませんので、あくまでも売り手を集めるためのキャッチコピーであることを念頭に置いておく必要があります。

2.高額買取という記載がないか

不動産が相場を上回る高値で売れることは、基本的にありません。安く買いたいという購入者側の心理からも、そのことは容易に想像ができます。高額買取というメッセージは、単に不動産会社が売り物件を増やしたいという意図から、記載されている可能性が高いため、注意が必要です。

3.中古物件が多いか

中古物件が多く載っているチラシの場合は、その不動産会社は中古物件の売買を得意としている不動産会社の可能性があります。不動産会社にもそれぞれ得意分野があり、アパートの賃貸が得意であったり、新築マンションの販売が得意であったりと様々です。不動産売却を検討している場合は、不動産売却が得意な不動産会社に仲介を依頼しましょう。

4.禁止事項の記載がないか

不動産広告にもルールがあり、不動産公正取引の広告ルールに違反しているチラシを見かけた場合は、注意が必要です。「完全」や「日本一」、「最高」「格安」「人気が高い」など、誤解を招くような記載があるチラシを出している不動産会社は、疑ってみる必要があるでしょう。

5.チラシ以外の情報も見る

チラシは外観写真やイメージ画像などを含め、読み手側に良い印象を与えるように作られています。なので、見栄えや聞こえが良い情報だけが記載されている可能性が高いです。そのため不動産会社の販売戸数や管理費など、実際の数値を調べてみることが大切です。

まとめ:不動産売却のチラシを見る際のポイントをご紹介!

いかがでしたか?不動産売却のチラシを見る際のポイントは、
・購入希望者がいるという記載がないか
・高額買取という記載がないか
・中古物件が多いか
・禁止事項の記載がないか
・チラシ以外の情報も見る
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、チラシの内容が気になっていた場合は、高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報