不動産売却のデメリットとリスクについて

不動産売却のデメリットとリスクについて

「不動産を売却するデメリットってなんだろう…」
「不動産売却にリスクはあるのだろうか…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、不動産を売却するデメリットとリスクにはどのようなものがあるのか、という点かと思います。

そこで今回は『不動産売却のデメリットとリスク』をテーマにお届けします。

不動産売却のデメリットとリスクについて

不動産売却のデメリットとリスクにはどのようなものがあるのでしょうか?早速、不動産売却のデメリットとリスクについて見ていきましょう。

1.諸費用がかかる

不動産売却のデメリットとして諸費用がかかることが挙げられます。仲介手数料や新居への引越し費用など、想定より高額になることも少なくありません。計画を立てて不動産売却活動を行う必要があります。

2.税金がかかる

不動産売却には税金がかかることもデメリットとして挙げられます。譲渡所得税や印紙税など売買価格によって異なってくるので、あらかじめ不動産仲介会社に確認することが大切です。

3.手続きに時間がかかる

不動産売却には査定依頼や売却活動など多くの時間を要します。不動産もすぐに売却できるとは限らず、売り出しから成約まで半年以上かかることもあります。ある程度の期間を要してしまうことは、不動産売却のリスクと言えます。

4.クリーニングに時間がかかる

居住用で購入した不動産の場合は、高額で売却できるよう内装をきれいに整える必要があります。内覧で来た人も目当ての物件が汚れていては、購入意欲が削がれてしまいます。クリーニングに時間を要してしまうことは、不動産売却のデメリットであると言えます。

5.いつ売れるかわからない

売却活動を始めてもすぐに売却できるとは限りません。売却が成約するまでの間は残りの住宅ローンは払い続ける必要があるため、急にまとまったお金が必要となった場合などは不動産売却のデメリットであると言えそうです。

まとめ:不動産売却のデメリットとリスクについて

いかがでしたか?不動産売却のデメリットとリスクは、
・諸費用がかかる
・税金がかかる
・手続きに時間がかかる
・クリーニングに時間がかかる
・いつ売れるかわからない
以上の点が挙げられます。しかし、スムーズに不動産売却が成約する場合もありますので、不動産売却検討中の方でデメリットやリスクを軽減したい方は、まずはご相談されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報