不動産売却のベストなタイミングを教えます!

不動産売却のベストなタイミングを教えます!

「不動産を売却するベストタイミングはいつだろう…」
「不動産を売却する有利な時期ってあるのだろうか…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、不動産を売却するベストなタイミングはいつだろうか、という点かと思います。

そこで今回は『不動産売却のタイミング』をテーマにお届けします。

不動産売却のベストなタイミング

不動産売却のベストなタイミングはいつなんでしょうか?早速、不動産売却のタイミングについて見ていきましょう。

1.相場から見る売却タイミング

不動産は安いときに買い、高いときに売るのが理想です。しかし不動産相場を見極めるのは難しいもの。2013年頃から不動産相場は上昇傾向にありますが、2021年以降は不透明です。買ったときより上がっていれば、そこが不動産の売り時だと言えます。

2.季節から見る売却タイミング

不動産売却の件数が最も増えるのは1月~3月です。4月からの新生活に合わせ不動産を購入する方が増えることに起因しています。4月売却のタイミングを逃さないようにするには、3ヵ月前の1月頃から不動産を売りに出すのが、ベストなタイミングと言えます。

3.築年数から見る売却タイミング

不動産の価格は築年数が経過するごとに下落していきます。売却のタイミングとしては買い手がつきやすい築年数10年以上、20年未満の内に売却するのがベストと言えます。

4.住宅ローン金利から見る売却タイミング

住宅ローンが低金利であれば買い手がつきやすくなるため、不動産売却のベストタイミングであると言えます。現在は超低金利時代と呼ばれており、不動産売却に適しています。

5.税金から見る売却タイミング

不動産を所有していた期間によって不動産売却時にかかる所得税、住民税の額が変わります。不動産を所有してから6年以上経過してから売却するのが、ベストなタイミングと言えます。

まとめ:不動産売却のベストなタイミングを教えます!

いかがでしたか?不動産売却のベストなタイミングは、
・買ったときより高いとき
・新生活を見据えた1月~3月頃
・築10年~20年以内
・住宅ローンが低金利の時
・不動産を所有して6年以上が経過
以上の点が挙げられます。不動産売却検討中の方で、売却タイミングを考慮していた場合は、上記のタイミングなら高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報