不動産売却はどこがいい?売却先の選び方を紹介!

不動産売却はどこがいい?売却先の選び方を紹介!

「不動産売却で選ぶ不動産会社はどこがいいのだろう…」
「不動産売却で選ぶべき不動産会社を知りたい…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、仲介してもらう不動産会社はどこがいいのか、という点かと思います。

そこで今回は『不動産売却を依頼する会社はどこがいいのか』をテーマにお届けします。

不動産売却はどこがいい?売却先の選び方を紹介!

不動産売却を依頼する会社はどこがいいのでしょうか?早速、不動産売却を依頼する会社を選ぶコツについて見ていきましょう。

1.大手不動産会社

人気のある土地や築浅の物件を売却したい場合は、大手不動産会社に仲介を依頼することがオススメです。築浅の物件は需要も高く、大手不動産会社であれば宣伝力も高いため、売却が成約する可能性が高いです。ただし、営業担当者が扱っている案件が多いため、親身になってもらえず、事務的な印象を受ける可能性はあります。

2.地元不動産会社

地元不動産会社であれば、人と人との繋がりを大事にしている営業担当者が多くいるため、親身に対応してもらえる可能性が高いです。また、地元不動産会社は独自のネットワークを持っていることが多いため、大手不動産会社では見つけ出せない買主が見つかる可能性もあります。ただし、大手と比べて宣伝力は劣るので、注意が必要です。

3.得意分野

大手や地元など多くの不動産会社が存在しますが、それぞれの不動産会社で得意分野が異なります。アパートの賃貸が得意な不動産会社であったり、新築マンションの売買が得意な不動産会社であったりと、その得意分野は様々です。不動産会社の得意分野を見極めることは容易ではないため、購入した不動産会社に仲介を依頼してしまうのも、1つの手です。

4.近場の不動産会社

売却したい物件の近くにある不動産会社であれば、その地域の事情をよく把握しているため、売却に有利になるような売却活動をしてもらえる可能性があります。大手不動産会社であったとしても、売却したい物件の近くにある営業店であれば、その地域の事情をよく把握しています。そのため、なるべく近場の不動産会社を選ぶことが大切です。

5.片手仲介の不動産会社

片手仲介とは、買主、または売主のどちらかにしか仲介手数料をもらわない方法のことを言います。両手仲介の場合は買主、売主どちらからも仲介手数料をもらいます。両手仲介の場合は、本来の相場よりも安い価格で売却されてしまう恐れがあるため、片手仲介している不動産会社に仲介を依頼することが大切です。

まとめ:不動産売却はどこがいい?売却先の選び方を紹介!

いかがでしたか?不動産売却で依頼する会社を選ぶコツは、
・築浅物件の場合は大手不動産会社
・築古物件の場合は地元不動産会社
・物件を購入した不動産会社に依頼
・近場にあること
・片手仲介であること
以上の点が挙げられます。売却先が分かってもなかなか個別に査定してもらうのは、面倒ですよね。そのような場合は一括査定やウェブから査定してもらうことをおすすめします。当ウェブサイトのおすすめ査定サイトもありますので、TOPなどからご確認くださいませ。

関連するお役立ち情報