マンションは建て替えと売却どちらがいい?

マンションは建て替えと売却どちらがいい?

「マンションは建て替えと売却どちらが良いのだろう…」
「マンションの寿命はどのくらいなのだろう…」
このような疑問や悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

不動産売却を検討している方にとって気になるのは、マンションは建て替えと売却どちらがいいのだろうか、という点かと思います。

そこで今回は『マンションの建て替えと売却』をテーマにお届けします。

マンションの建て替えと売却

マンションの建て替えと売却の理由にはどんなものがあるのでしょうか?早速、マンションの建て替えと売却について見ていきましょう。

1.建て替えは40年に一度

マンションの一般的な寿命は40年と言われています。老朽化が進むと、マンションの管理会社が定期的に大規模な建て替えを行います。これはマンションの耐震設備や電気、水道、ガスなどのライフライン保全を健全にするために行われます。

2.建て替えは居住者の同意が必要

マンションの建て替えを行うには、居住者の80%以上の賛成が必要となります。マンションの建て替えはマンションの管理組合が準備、検討、計画、実施という流れで進めていきます。しかし居住者が費用を負担したくなかったり、今の状態に不満がないというような場合は、80%以上の賛成を得られず、建て替えが実現されません。

3.建て替えは住民負担が重い

マンションの建て替えが進んでいない理由の1つに、居住者が負担する建て替え費用の額が非常に重い、という点が挙げられます。建て替えには解体費用、建築費用、専門家に支払う調査費や手続きにかかる費用など、様々な費用がかかります。生活をするだけでも精一杯という人がいる中で、マンションの建て替えを行うのは、非常に難しいのが現実です。

4.売却を検討する

建て替え費用や諸々の費用を考えると、マンションの売却を検討するのが賢明な判断であると言えます。マンションの建て替えが検討される前の段階から、マンションの売却を検討しておくことが大切です。不動産会社に査定を依頼して、相場を把握しつつ売却の計画を立てておくことで、スムーズに売却活動を進めることができます。

5.買取を検討する

早期の売却を目指す場合は、不動産会社に直接買い取ってもらうのも1つの手です。相場よりも安い価格となってしまいますが、急にまとまったお金が必要になった場合などには、有効な手段となります。

まとめ:マンションは建て替えと売却どちらがいい?

いかがでしたか?今回の内容としては、
・建て替えは40年に一度行われる
・建て替えは居住者の同意が必要
・建て替えは住民負担が重い
・売却を検討する
以上の点が重要なポイントでした。不動産売却検討中の方で、マンションの建て替えまたは売却を考えていた場合は、高額で売却できる可能性もありますので、まずは査定されてみてはいかがでしょうか?

関連するお役立ち情報